SECONDばっかり(予定)

EXILE THE SECONDのライブレポ。備忘録。

ケンチ@みちのきち 私の一冊

幸運なことにケンチさんと丸山ゴンザレスさんの対談を聞きにいくことができました。

個人的な備忘録になります。

 

「みちのきち」橘ケンチ×丸山ゴンザレス

2018年8月16日(木)19:00〜
代官山蔦屋 1号館2Fにて。
KIDSスペースを衝立で仕切ったようなスペースでした。

チケットは公式サイトにてオンラインでの申し込み、先着70名だったようです。

real.tsite.jp

丸山ゴンザレスさん(ジャーナリスト)についてはこちらをご参照ください。

丸山ゴンザレス - Wikipedia

 

いよいよ対談開始です

 ケンチさん丸山さんは客席のすぐ横を通過して登場、アットホームでびっくりです。

登場した丸山さんの一言目は「100%橘さんのファンだと思いました」(眉毛を下げたように笑うケンチさん)

 

 ・まずはじめにこの夏の思い出のお話

 連日行われるツアーリハーサルのことを話している最中にモニターには前日のTETSUYAさんと行った居酒屋えぐざいるの写真が・・

その時には公開されていない写真で、この日の夜にweiboにて同じ写真と思われるものを公開されていました。

浴衣すごく似合ってますよね〜!この日の動画、公開されないかなあ。f:id:ib125:20180820004610j:image

https://m.weibo.cn/detail/4273759974082586

ケンチさんのweiboより。

 

 レモンサワーを飲むことに対して「通風対策ですか?膝にきちゃったら踊れなくなるから」と言う丸山さん、その発想はなかった!!!

 

 

 ・初めて行った海外のお話

 ケンチさんの最初の海外旅行は20歳のとき。

当時留学中の友人のいるアメリカシアトルだそう。「そこで銃で撃たれたんですよ!」と話すケンチさんに丸山さんだけでなく会場中がざわざわ・・

 友人と出かけようとしていたところ、見知らぬ人に発砲され背後のガラスが割れたそう。

警察も呼んで調べてもらったところ、弾が見つからなかったとのことでガス銃のようなもので悪い悪戯をされたようです。

 その旅行で折角なのでNYにも行きたいと思ったケンチさん。しかし西海岸つながりでLAに行くことに。

その同時期にNYでは同時多発テロが起こったという、もう本のことより何より衝撃的なお話をされるケンチさん・・!

丸山さん「引きが強いね〜」

 

  ・中国で衝撃を受けたこと

 初めて上海の市場に行ったとき、人ごみのなか全く譲り合うことなく「あんたがどきなさいよ!」のごとく進む人々に衝撃を受けたそう。「この国スゲエ!と思った」

 こうやって(右肩を前にして薄くなるケンチさん)しないと歩けないのに全くこうやって(右肩を前にして薄くなるケンチさん)しないんです!と体を動かしながら力説するケンチさんがキュート。

 丸山さんもそういった経験があったようで、車道にトウモロコシを干しているところをタクシーで通りかかり、文句を言うのかな?と思ったところ「ここは道だ!」と思いっきりアクセルを踏んだそうです。

ケンチさん「人でなしですね!」

 

 ・どうしたら本を読んでくれるのか?

丸「人がなにか自分を変えたいと思うときって憧れたときだと思うんですよね。

たとえば橘さんが本を読んでいる写真を見て格好いいなって憧れたら、北関東のヤンキーみたいな男の子が突然本屋さんに行ってみよう!と思うかもしれない。

本を読むことが格好いいと思えたときに変わっていくのかもしれません」

ケ「明日インスタに本を読んでるところをあげたらゴンザレスさんのおかげです(笑)」

 

 ケンチさんは、この世界(芸能)でどうやって生きていったらいいんだろう?と相談できる相手もいなかったときにひたすら成功者の本を読んでいたそう。

成功するため・生きるためのヒントを本からもらった、本はいろんな解決法をもっているんだよ、ってもっと広まったら…。と仰っていました。

 

なんと本当にあげてくれました!丸山さんありがとう!!!


f:id:ib125:20180820090106j:image

https://www.instagram.com/p/BmkyGjenVu4/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=qhl9mnyhckmn

 

 

 ・同じ宇宙にいないと話が通じない

 プライベートで京極先生、佐藤究先生と親交があるという丸山さん。

ときに二人のお話が異次元すぎてついていけないことがあるそう。「天才の話は天才にしかわからない」

 EXILEもそういった一面があるかも、と言い出すケンチさん。

リハーサル中に「ここでバーッ!てなってブヮーッて盛り上げて歩くじゃん。で、パァァってなって最後センターでイエーだよね」これでメンバーに伝わるそうです。

イエーがわかりすぎる。

 

 ・心に残っている言葉

 岡本太郎先生の”強く生きる言葉”から「人生は、他人を負かすなんてケチくさい卑下なものじゃない」
また、本を読むことに対しては「激流のなかに杭を立てていくイメージ。流されそうな時に掴むことのできるもの、それが本。」
と話されていて、けんちさんの本や言葉との向き合い方そのものが人となりを表しているなあと感じました。

 

 ・終了後

 対談終了後、先行して販売することになった丸山さんの書籍を購入しようかと見ていたところ、再びお二人が戻ってきて公式の写真撮影やサインに応じていました。
丸山さんはファンのサインにも応じていて、その横でにこやかに待っているケンチさんはまるで菩薩のよう。

 

 仕事のため会場に付いたのがギリギリで、座席の抽選箱には片手で数えるほどしかありませんでした。

年配の店員さんに良い席が当たるといいのですが…と優しいお声かけを頂いたのですがそんな運もなく(あまりそういう欲もありません笑)後ろの方でゆっくりお話を聞くことができました。近すぎると緊張しませんか…?

 言葉を知っている方の対談はこんなにもテンポが良くて楽しいのかと、あっという間の1時間半でした。
本の話から海外の話へ、そして思い出したかのように本の話へ戻ったり。
ケンチさんの感性に触れた気がしてとても貴重な時間を過ごせました。
私の世界って狭いんだなあ。

 

後日のSNS

ケンチさん

https://twitter.com/kenchi_official/status/1030075204419039238?s=19

 

丸山さん


f:id:ib125:20180820093332j:image

https://twitter.com/marugon/status/1030119754378301440?s=19

https://www.instagram.com/p/BmjBcIqFxWC/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1cmjmilshjinp

目を見てうんうん頷き相槌をいれる、聞き上手なケンチさん。喋りたくなる気持ちわかります。

 

イースト・プレスさん
f:id:ib125:20180820092817j:image

https://twitter.com/eastpress_mag1/status/1030101212006215683?s=19

 

 

書ききれていないこともあるので随時加筆修正していきたいと思います。忘れられない人の話とか今読んでいる本の話とか…!

どうしても今日の対談の前に上げたかった!

最近バタバタしていてまとめきれていなくてモヤモヤです・・